贈る言葉

2018.03.21 水曜日

3月は旅立ちと新しい出発の季節。

 

非常勤講師をしている学校の学生たちも、卒業そして社会人への一歩を歩み始めました。
今までいったい何人の卒業生を見送ってきたのだろう。

 

 

建築デザインと教育の2足のわらじ。

 

長年続けてきているのは、学生たちの成長を間近で感じらる喜びであり、
考え感じていることを伝えることで、私自身も教えられることが多いから…

 

 

    ~ 鏡のようなもの ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謝恩パーティで頂いた、可愛い花束と写真付きメッセージ。
何年か経った後、その成長がまた楽しみ。

 

私が卒業したとき、大学の恩師や大学院生から寄せ書きをした色紙を頂いた。

 

その中で、一番印象に残っている恩師の言葉。

 

「知を力に」

 

今でもずっと大切に、
何か立ち止まることがある度に、自分に言い聞かせ、歩いてきている。

 

 

「知」とは、

 

単に学問としての知識や技術だけでは無く、
自ら考え可能性を見いだし切り開いていくことだったり、
人としての振る舞いが美しいことであったり、
人として品をもって生きることであったり、

 

それを 「力」、
プラスのエネルギーに変えていくことだと思っています。

 

この大切にしてきている言葉を、彼女たちに贈りたい。

 

 

「知を力に」

 

そして

 

「美しく生きる」

 

 

社会に出ると、守られていた立場から、自分で作り上げていく立場になる。

 

これからが、始まり。