「豊かな暮らし」とは何か

2018.09.13 木曜日

いつも考えていること、考え続けていること。

 

「豊かな暮らし」とは何か…?

 

空間をつくるという仕事でも、自分が暮らす日々でも、それは変わらない。

 

「豊かさ」とは、人それぞれ感じ方や考え方は違うのだけれど、
その人なりの豊かさをもっと引き出し、日々の暮らしをステージアップする。

 

 

知らなかったことを知る、今までに感じられなかったことを感じることが出来るようになる。

そうすると、今までに見えなかった見え、世界が広がり新しい価値観が出来てくる。

 

スパイラルに伸び上がるように…

 

 

こんな風に考えるのは、大学の生活科学部で住居学という
「人がいかに快適に暮らせるか」という考えをベースとする学問を学んだからかもしれない。

 

 

少し前のブログで、「真行草」について書き始めたのけれど、
あまりに広くて深いテーマなので、続けられなくなってしまった。

 

 

「真行草」や「ハレとケ」といった言葉が、多くの人の日常から薄れゆくあるいは消えつつある気がして、
でも、それを日々の暮らしの中で感じ取り入れることで、
今よりもっと「豊かさ」を感じられるようになる… と思うのです。

 

 

建築は総合芸術といわれる。

それなら、日本の伝統文化を保存継承するだけでなく、
現代の日常の空間や暮らしに取り入れ、生かしていくことが大切だと思っています。

 

 

そんなこんなを考えて、歴史を紐解き自分の中でトランスレートし、
解りやすく実践できる参考書を作れないかと模索中。

 

時間はかかりますが、いつかは形にしたいと思いますのでお楽しみに。

 

 

「暮らしに生かす真行草」

テーマと目次は決まっています。