お祝いの形

2019.03.06 水曜日

「黄綬褒章」を受章された先輩建築家のお祝い会に向けて、席札制作。

 

主役の女性建築家も、ご来賓の方々も、ほとんどが建築関連のみなさま。

せっかくなので、ホテルの一般的な席札では無く、
少し遊び心を織り交ぜ、お祝いらしい形を考えてみました。

 

春らしいパステル色の家形に折形の蝶が舞い降りる。
お渡しする色席札は桜の花びらの形、同じ色の家形がお席に導いてくれるメッセージ。

 

折形は武家の礼法の一つとして発展し、その伝統を今に伝えるもの。

 

この蝶は「女の祝い」という胡麻塩包みの折形を、蝶にアレンジして和紙と水引で作ったものです。

 

蝶は「幸せを運ぶ」ものとして、吉祥文様にもなっていて、
特に黄い蝶を見ると「夢が叶う」とも言われています。

 

それぞれの家々に、幸せを運ぶ「祝いの蝶」が舞い降りますように…
そんな想いを込めてみました。

 

お渡しする記念品には、京都の老舗 宮脇賣扇庵の舞扇を。

お部屋のしつらえとし飾っても美しい舞扇は、見ているだけで優雅な心の贅沢です。
包み紙に蝶の文様があったので、金の和紙と「祝いの蝶」で華やかさを添えて

折形-祝いの蝶,神戸,設計事務所

 

伝統を今に生かす  ‘お祝いの形’