『 DINING BAR 粋 』

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

昔ながらの町屋が軒を並べる

この場所に'集まる場'を作りたい
その言葉に押されて 建物に足を踏み入れる

70余年の歴史とともに
子供の頃遊んだ空家の記憶が蘇る
ちょっと恐ろしい
でも楽しい 懐かしい感じ

過去 現在 未来 流れゆく時間

ちりばめたものは
いつしか 目に見えない流れを作る
流れと流れは ぶつかり
亀裂が生まれ 時間はとまる

人と人 人ともの ものともの
そこにあるのは
時空を超えた接点か

70年生きた建物の刻まれてきた過去の記憶を、過去-現在-未来へとつなぐ

京都出町柳、昔ながらの町屋が軒を並べる商店街の一角にこのダイニングバーは位置する。
ここは、旧市内から洛北に至る出入口として、大原女と市内の人との接点となっていた場所でもある。

この場所に一つの集まりある場モをつくりたいというオーナーの想いを受け、 立ち入った築70年あまりの町屋は、主に置き去りにされたように、朽ち果てかけ寂しげだった。70年生きた建物の刻まれてきた過去の記憶を、過去-現在-未来へとつなぐ、 ここにさまざまな出会いが生まれる【接点としての場】をつくりたいと思った。

かつて通り庭だった場所に掛かる、金属の仮設的な階段。 力強い古い梁の下に混在する さまざまな素材。

過去-現在-未来

どこか懐かしい記憶の風景、流れのない時間、曖昧な空間の接点。 接点としてのこの場所で、全てを混在した中に時空を越えて、人と人、人ともの、ものとものの接点として 時代を包み、未来に向かって存在して欲しいと願っている。

新築

木造地上2F
京都市上京区
延床面積 229.96㎡