『 S-HOUSE 』

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

囲われ閉ざされゆく宿命の キュービクル

それは 電子回路にはめ込まれた
一つのサイコロ

光井戸の陽だまりは
過去の記憶と 家族の未来をつなぎ
空に向かって 光に向かって
スパイラルにのびる

上へ 上へ

さて どんなサイの目がでるか
それは これからのお楽しみ

ある震災後の区画整理地区で、地域へ発信するキュービクルをイメージ

神戸長田の震災復興の区画整理地区にこの建物は位置する。
店舗併用住宅である震災後の区画整理地区にはめ込まれた一つのサイコロ、地域へ発信するキュービクルをイメージしている。

お互い仕事を持つ50代の夫婦が、退職後coffee shopをしながら、趣味のバイクやオーディオを楽しみ、人が集まる場として、快適に暮らせることが希望だった。
道路面以外の3方向は他の建物で囲われるため、光や風の確保とプライバシーの確保が求められた。
建物の南面に、1階から屋上まで抜ける光庭を設けて、空からの光と風を室内に取り込み、 光庭にアルミルーバーを設けることで、外側からの視線を遮り、内側からの視線が抜けるかたちとしている。

リビングの朝日を取り込む高窓、光庭、時間や季節によって陽光のつくる光と影が空間に表情を与える。
勾配天井による垂直の広がり、リビングから床続きでデッキテラスへ延びる水平の広がり。3階デッキテラスから屋上にあがる廻り階段は、空に延び、垂直に広がりを展開する。屋上は仲間で集まり語らう場、夏の花火を楽しむ舞台にもなる。
外部空間と内部空間を一体的に捉え、光と風を室内に取り込みながらプライバシーを確保をする、都市型住宅である。

新築

RC造地上3F
神戸市長田区
敷地面積 110.13㎡
建築面積  88.37㎡
延床面積 233.68㎡