『 SHOWROOM N 』

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

自然に抱かれた街の一角

そっとおかれた 光る箱

フレームの中に
閉じ込められた 光る箱

黒いフレームは踊るリボン

リボンの中 踊っているのは
人々の笑顔
人々の会話
繰り広げられる 日常の舞台

人へ 街へ 未来へ

暮らしのメッセージを伝える
情報発信ステーション

時代にあったショールームを備えた社屋

山々に囲まれた兵庫県但馬地域に位置するガス機器ショールームをもつ地元企業の社屋である。

ガス・給排水設備工事、新聞事業を主とする会社は、今後の事業展開を見据え時代にあったショールームを備えた社屋が求められた。
ガス機器に特化したショールームは、地元だけでなく広く情報発信をする場でもある。

木造平屋建ての建物は、水平ラインを強調した外観デザインとし、道行く人の視線レベルを意識したヒューマンスケールとしている。
黒く縁取るフレームはリボンを折った形、その中に箱が包まれたイメージとしている。

ショールームは、一直線に伸びるアルコーブ照明をアクセントに、鏡による錯視を利用し、水平の伸びやかな広がりを演出。
会議室は、イベント時にはショールームと一体となる可変的空間である。

積雪地域での木構造大空間を実現にするため、梁は三段格子梁とした特殊木構造とし、最大6m~8mの空間を確保している。

杉三段格子梁現しとした事務所・新聞室は、高天井のもつ伸びやかさとともにダイナミックな雰囲気をつくっている。

日暮れとともに、ショールームは光る箱となり、街に賑わいと情報を発信している。

新築

木造地上1F
養父市
建築面積 146.92㎡
延床面積 140.20㎡