『 THREE GARDEN HOUSE 』

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Slider

瞼をとじる

瞳の奥に見つけたものは 日常にかき消され
置き去りにされた忘れ物

風の匂い 葉擦れの音
身体に浸みいる空気 自然としての人
研ぎすまされゆく感覚

瞼をあける

空間をキャンバスに 描かれるドラマ
空と木々とともに 繰り広げられる光の舞
時の移ろいとともに 踊る影法師

時に楽しく 時に淋しく

呼び覚ましたものは
日常の中の非日常

時代と生きる 可変的夢舞台

周りを山に囲まれた自然豊かな場所に位置する住宅の計画

自然を取り込み、季節の移りかわり、生活シーンに応じて楽しめるように3つの庭を配置した開放的な空間、可変的な空間をつくっている。

季節の花緑を楽しみながらアプローチする前庭。
玄関扉を開けた時に開放的な光を感じる竹林の中庭。
日常生活の憩いの場となる後庭。
扉を開ければ、3つの庭、外部と内部が一体的空間となる。

リビングに続くパブリックデッキ、ダイニングに続くプライベートデッキは内部と外部をゆるやかに繋ぎ、水平の伸びやかさと生活の楽しさをつくる。プライベートデッキに設けた露天風呂も楽しみのひとつ。
リビングと一体的な和室の床扱い-表裏リバーシブル可動スクリーンは、ハレとケ、 場面に応じて雰囲気を変えることが出来る。色のコントラストを楽しみ、晒竹張りの天井で水平ラインを強調した夢舞台である。
2Fに設けた3つのテラスからは山々を望み、豊かな自然を楽しむプライベート空間となっている。

新築

木造地上2F
養父市
敷地面積 337.68㎡
建築面積 138.64㎡
延床面積 243.96㎡
第9回あたたかな住空間デザインコンペティション 暮らしデザイン部門特別賞 受賞